延滞の質

延滞にも2つの種類が存在します。ひとつは自分が利用している会社の延滞で、もうひとつは信用情報機関の延滞(全情連などの延滞)です。これら2つは同等のものとして解釈されがちですが、現実ではまったく別として取り扱われています。

多くの利用者は自分が利用している会社の延滞に気を配っています。そして、信用情報機関の延滞はほとんど意識していません。

消費者信用産業内においては、絶対的な価値があるのは信用情報機関の延滞とされます。多くの利用者が意識している自分が利用している会社の延滞は局地的なものです。それは自社内でのみ取り扱われ、完結されるものに過ぎませんが、信用情報機関の延滞は『CRIN』を介して、消費者信用産業全体に波及してしまいます。つまり、この延滞を犯してしまうと、『CRIN』によって情報が伝達され、利用者自身が消費者信用産業からほぼ追放されてしまうことになりかねません。

どうしても目の前の延滞にのみ意識がいき、それが自転車操業に陥ってしまう要因となってしまっています。延滞が長引くことにより利用者はパニックに陥り、精神的にも追い詰められます。しかし逆に、この延滞さえ把握していれば決定的な事故に発展することは少なく、またそこに利用者を踏み入れさせることのないよう各社は債権管理を細分化しているのです。

広告を非表示にする

低利への借り換えでの注意

まず家族にも知られないで、何とか返していくための方法は、支払額を減らすことです。
そのためのひとつの方法が低金利への借り換えです。
ですが、この方法はリスクも付きまといます。
そのリスクとは、「新しく借金が増える可能性がある」と言う事です。
カードローンで100万円借りていて、更に低利での借り換えで100 万円できたとします。
まずカードローンの100 万円を払いますが、そのカードを持っているため、いつの間にかまた借り入れをしてしまうのです。
その結果として200 万円に借金が増えてしまうのです。
自分はそんなこと無い!と思ってらっしゃる方が一番危険です。
みんなが始めはそう思っています。
返済したらカードは、はさみで切る。
これが出来ないから借金がなくならないのです。
株、ギャンブルで「あと少し、あと少し・・・」と思ったことがある人は注意してください。
人間は感情があるゆえに、自分をコントロールできなくなるのです。

都銀と消費者金融

バブル経済が崩壊し、巨額の不良債権を抱えた金融業界は国から公的資金の援助を受け、不良債権の処理に力を注ぎました。

一時期の不況は脱したとはいえ、一般企業の設備投資意欲は以前のような活気はありません。大手銀行の今までの法人営業中心の戦略を維持しつつも、従来はあまり熱心に取り組んでこなかった個人向けの営業に目を向けることになりました。

 そして、都銀と消費者金融が手を結ぶ時代となってきたのです。三洋信販三井住友銀行、プロミスと三菱東京UFJ銀行が消費者ローン会社を作り、営業を始めました。

 消費者金融会社の株式上場と共に日本経団連ヘの入会など業界の地位が向上するにつれ、業務提携に二の足を踏んでいた都銀を後押ししたのです。

大手銀行はこうして、法人から個人向けの営業へと舵を切り替えたため、クレジットカード業務は大きく変貌しようとしているのです。

消費者金融のハローハッピーは低金利で借りられます。

気持ちの持ちよう
借金がかさむと一番怖いのは「取立て」ではありません。「心に余裕が出来なくなること」が一番怖いんです。

普段なら簡単に怪しい話・危ない話に騙されることなんて無いはずなのに、多重債務者になったとたん「闇金」という危ない金融機関のお世話になってしまいます。おいしい話なんてものはありません。

もし多重債務者があなたにお金を借りたいといってきたら、お金を貸しますか?
まずは冷静になって心に余裕を持ってください。
借金では死にません。あなたが追い詰められる必要もありません。

■自分で使った借金
借金を自分で使ったのですから、自分で支払いしなければいけません。
「借りたものはキチンと返す」と言う様に返済する事を前提として借りてますので、最後まで責任を持って返済しないといけません。
(あたりまえか・・・)


■借金の連帯保証人
借金だけに限らず、賃貸や会社の就職時など連帯保証人が必要になるケースは色々ありますが、名前に”連帯”とあるように、契約者(借主)と連帯して責任を負わなければいけません。

高額融資や事業ローン等、借金をする時に保証人になる事がよくありますが、支払い遅れ時に金融会社から請求されればすぐさま支払い義務が発生します。

極端に言えば1日でも支払いが遅れた場合、たとえ借りた本人が目の前にいても、請求されれば支払いをしないといけません。
連帯保証人になる場合はそれだけの責任がありますので、注意してください。

広告を非表示にする

ところ変われば!?

同僚はよくても、彼氏はダメなのはヒゲ
有名人は良くても大阪市ではダメなのは刺青
アイドルは良くても就職面接でダメなのはタメ語
日本では良くても中国ではダメなのは猥褻マンガ
ヨーロッパでは売れても日本では売れなくなった和服
日本では大歓迎でもインドネシアでは公演できないレディ・ガガ
銀座では良くても中国国内には入れなくなった中国人のドタ買い
前振りは良かったが入場者は予想の1割となっている韓国麗水(ヨス)万博
と、所変わればのお話でした。

広告を非表示にする

ニコール・キッドマンのギャラとオバケのQ太郎

ハリウッドでもっとも稼ぐ女優はニコール・キッドマンだそうである。 

 ロイター通信によると、ニコール・キッドマンの映画1本あたりの出演料は推定1600万?1700万ドル。日本円にすると約18億6000万~19億7500万円になるという。 

 

 すごい金額である。 

 しかし、すごすぎてビンボー人にはいまいちピンとこない。 

 こういうときは身近なものに置きかえてみるにかぎる。 

 

 たとえば、インスタントラーメン。 

 

 ニコールのギャラにはかなり幅があるが、かりに真ん中をとって、19億1750万円ということにする。 

 うちの近所のコンビニで売っているサッポロ一番みそラーメンは一袋86円だったので、 

 

 19億1750万円÷86円=2229万6511個(54円のおつり) 

 

 2229万6511個のラーメンが買える計算だ。 

 う?む、結局よくわからない。 

 これではまるで、岡本喜八監督『大誘拐 RAINBOW KIDS』の誘拐犯だ。 

 かれらは「ラーメン単位」でしかものを考えられず、誘拐した資産家の老婦人のスケールの大きい金銭感覚に圧倒される。 

 

 しかし、どうせ背伸びしたところで、ぼくもしょせんは「ラーメン単位」の人間である。ジタバタせずに、このまま「ラーメン単位」で考えていく。 

 

 インスタントラーメンが2229万6511個。 

 ぼくは大食いなので、ラーメンは基本的に1度に2個食いする。ということは、 

 

 2229万6511個÷2=1114万8255食(1袋あまる) 

 

 となる。毎日3食ラーメンばかり食べるとすると、3で割って、 

 

 1114万8255食÷3=371万6085日(プラス1袋) 

 

 1年365日だから、これだと1万年以上食いつなげる計算だ(!)。 

 やっぱりどうもピンとこない。 

 

 ??話は変わるが、ラーメンといえば思い出すのが「小池さん」だ。 

 藤子・F・不二雄先生のマンガ『オバケのQ太郎』などに登場するキャラクターで、なぜか眉間にシワをよせながらいつもラーメンをすすっている。 

 

 『オバケのQ太郎』といえば、インスタントラーメンをたくさんもらったオバQがそれをぜんぶ家のお風呂にブチこんで、自分もその「ラーメン風呂」に入りながらラーメンを食うシーンがあったのがとても印象に残っている。 

 子どものころは自分もやってみたいと思ったものだ。 

 

 この浴槽がどのくらいの大きさだったかは正確にはわからないが、一般的な家庭用の浴槽に入るお湯の量はだいたい180?200リットルだそうである。 

 

 ちなみに、うちにあるラーメンどんぶりに計量カップで水を入れていったら、「ああ、いつも2個食いするときと同じぐらいの量だな?」ってとこで、だいたい800ミリリットル、すなわち0.8リットル入った。 

 

 ・・・てことは、かりに浴槽いっぱいのお湯を190リットルとすると、 

 

 190リットル÷0.8リットル=237.5杯 

 

 ドンブリ一杯にラーメン2袋だから、 

 

 237.5杯×2個=475個 

 

 浴槽いっぱいにラーメンをつくる場合、インスタントラーメン475個が必要ということになる。 

 大食いのオバQのことだ、おそらく浴槽1杯のラーメンを1食でたいらげたことだろう。1食475個。 

 

 475個×3食=1425個 

 

 オバQは、1日なんと1425個(!)のインスタントラーメンを食べることができる。 

 

 ここで思い出してほしい。 

 ニコール・キッドマンの映画一本の出演料でインスタントラーメンを買うと、ぜんぶで2229万6511個。 

 

 2229万6511個÷1425個=1万5646日 

 

 すなわち、42年と316日。 

 ニコールが映画に1回出れば、オバQを42年以上豪勢にもてなすことができるのである! 

 

 毎食ゴハンを何十杯も食べるオバQ。 

 オバQの食欲が家計にあたえる影響は大きい。正ちゃんちは平然とオバQを居候させていたが、じつは日本のフツーのサラリーマン家庭でオバQといっしょに暮らすことはむずかしい。 

 

 でも、ニコール・キッドマン邸ならぜんぜんヨユー。 

 それどころか、オバQが3?4人いたって大丈夫。ラーメン風呂でオバQ毎日ニッコニコだ。 

 ・・・ようやくニコール・キッドマンのギャラのすごさがわかってきた。 

 

 あ、でも、ニコール・キッドマンのとこは犬を飼っているらしいので、犬が苦手なオバQはいっしょには住めませんね(笑)。 

 

 またまた話は変わりますが、明日はマックにでも行くつもりです。

どこかのお得情報サイトでマックカードが無料で貰えることを知って、今日マックカードが届きました。500円分しか有りませんが、全部使いきっておこうと思います。

リフレーッシュ!

今日、リフレッシュドックなるものに行ってきました。
内容は、エゴグラムとストレスチェックシートを用いた
簡単なカウンセリングとフットバス・マッサージ・ストレッチetc。

まず、バリをイメージした部屋でフットバス。
フットバス初体験でしたが、足先だけジャグジー状態で15分。
そのうち全身ジャグジーに浸かりたい欲求に駆られ、
リラックスできたかどうか怪しい。
が、フットバスをするために座ってたイスのほうがヒットでした。
耳の横のスピーカーと重低音に合わせて振動する座面とで
身体全体が音楽に包まれてる感じ。
音楽聴いてリラックスするほかにも
ホームシアターとかにお薦めだそうです。

続いてカウンセリングのほうは痛し痒しと言ったとこ。
カウンセラーはこっちの話を引き出そうとしてくれてるんだけど
仕事の悩みを家族・友人にさえも打ち明けずに
一人もんもんと悩むタイプの人間が
カウンセラーとはいえ今日会ったばっかりの人に
悩みを洗いざらい打ち明けられる訳もなく。
しかも1時間弱のカウンセリングのうち
最後10分くらいはトイレに行きたい一心で
心ここに在らずだったしな。

なので余りリフレッシュされた気がしません。
結論。それほどの悩みじゃなかったってこと。

広告を非表示にする

私の大好物をいただいた!

昨日仕事先の後輩からケーキをいただいた。

アンテノールモンブラン風のロールケーキ!

私、ケーキの中ではモンブランがいちばーん好きだがたしか、カロリーもいちばーん高いケーキなのでなかなか食べる勇気もなくいつも誕生日に買っては食していたのだが、いただいたからには食べなきゃね!

って言うことで 食べちゃいました。それがもう、久々に美味しい!モンブランと言えば

アンジェリーナと思っていたがそれ以上の美味しさ!

後輩のSちゃん、ありがとう!

しかし最近姪っ子に「なんでお姉さん太っているの?」

と言われるのが気になる…。子どもは正直なだけにショック。

お腹がねー…。かなりやばい!腹筋運動しなくちゃ。

今日の夕食はひかえよう…。

でも美味しい物を美味しく食べられるって幸せなんだよね。